Home畑岡宏光の起業日記 › (98)仕事をしないという決意3

(98)仕事をしないという決意3

仕事をしなくても利益が入ってくる仕組みを作ると 
今までの「無駄」もはっきりと見えてくる。

利益が徐々に減っていく中で、僕はその「無駄」を
切り捨てて行った。

利益が毎月5~10%減っていっても、無駄を
切り詰めれば利益の額は変わらない。

そこで、まずは

「利益を生まない経費」

を、切っていった。

親類への報酬は、利益を全く生まないにも関わらず
月額100万円を超えるようになっていた。

事務所も狭いところに移したとはいえ、使わない
のに、10万円以上の出費。

将来の利益を期待しつつも支払っていた固定費も
利益を全く生まないまま、すでに1年以上が経過。

この3つについて、リストラをした。

書けばこれだけのことではあるが、実際にリストラを
すると・・・

「実力のないもの」

ほど、抵抗することがよく分かった。

つまり、実力以上の給料を得ているものほど、その

「利権」

に、あやかろうとして、抵抗するわけだ。

これは、資本主義の絶対法則だと思うんだけれど

「給与以上の利益を生む社員」

は、辞めさせられることがない。

あるいは、利益を生まない間接部門の場合は

「外注化の費用よりも安くで働く社員」

は、辞めさせられることがない。

辞めさせられるということは、合理的な仕事が
出来ていないわけで。

で、そういう合理的な仕事ができない無能ほど、
あたりまえだけれど辞めさせられる事に抵抗する。

他では食っていけないから。

この事実を知っていると、人の採用基準という
ものがよくわかる。

完全リタイア生活をしていたけれど、リストラを
進めることで、経営者としての経験値は上がって
行った。

15 Comments.[ Leave a comment ]

  1. 残酷ですよね、リストラ。本人の能力が丸裸にされる感じ。実際賃金ほど働けてる社員って半分もいない気がします。
    実力だけで評価したらこの国の失業率やばそうですよね。

  2. 人件費削減といえばリストラですが、現実は厳しく辛いですね。無駄とのたたかいは頭を悩ませますね。合理的なやり方は難しいと思います。

  3. 物と人とでは、リストラの基準が違ってくるのではないでしょうか。
    物は愛着や執着、自身の考えが影響されますが、人は自分以外の考えも影響されますし、ノビシロもあるので“利権にあやかろうと抵抗している”わけではないと思います。

  4. 優秀な人材ほど得難く、またコスパの良い人材もまた然り。有能な人ほど、愚痴をこぼすよりは今の状況を改善しようとするか、さもなくば自分から動いて別の場所に移動している。

  5. リストラをして身軽になってみて、いかに今まで余計な物をしょってきたかがよくわかりますね。特に人のリストラはその時は辛いと思いますが、結論はいらない者はいらないが正論になるのでどんどん実施していくべきであると感じています。

  6. ぴーやまん

    労働と対価となる報酬のバランスという観点でリストラを捉えることは、雇用主にとっても労働者にとっても必要だと思います。

  7. 利を生まないものについて考えさせられました。利益を生まないものについて色々と思い浮かぶ中、社員については自然と考えていませんでした。現在社会人として毎日働いている自分ですが、利益とはなにか、切られないためにはどうあるべきか等を考えるきっかけとなりました。

  8. 今この状況だからこそ『無駄の切り捨て』の大切さは深く同意できるように感じました。非常と言われることをやれるからこそ良い経営者になれると言う見方もある気がします。

  9. 経費を減らそうと思えば、最終的には「人」になっちゃいますよね。これが最も大変なんでしょうけど。
    モノ言わぬムダ、よりもモノ言うムダの方が何倍も厄介。経営者は経営者で大変なんですね。

  10. 必要のない経費を無駄に使っていることは多々あるかと思います。それを減らしていくことで余裕が生まれていくのではと思いました。

  11. 不要なコストカットは確かに大事だと思います。無駄な人員整理でリストラは仕方ないこと思います。利益を生まない社員を無慈悲にリストラし続けた会社を知っていますが、その会社は結局利益を生む社員も多くがその会社を去っていきました。ある程度の集団になると、一定の割合で利益を生まない社員は存在するので、その辺りまで含めてコストと考える必要があると思いますね。

  12. (97)のリストラの意味がなるほど、と納得できました。
    合理的ではあるし、一番の理想はそういった形だろうなとは思いましたが、出来ないものを排除するだけではなく、その人達を育てることは出来ないのだろうかとも感じました。

  13. 給料以上の仕事が出来ない人は実力や能力がなく、リストラにあいやすいということから、会社組織で働くことの厳しさを知りました。

  14. もらっている給料以上に会社に利益をもたらそうと考えている人は本当に少ないと思います。会社のためより、自分のために働いている人が多い現代社会なんでしょうね。

  15. 「利益を生まない経費」考えたこともありませんでしたが、日々の生活の中で誰もが生かせることだと思いました。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>