Home畑岡宏光の起業日記 › (100)仕事をするという決意

(100)仕事をするという決意

2011年1月。

僕は、再度、仕事をしようという決意をした。

この世に不労所得というものが存在しないから、
メンテナンスをしないことには、会員制ビジネスも
消滅してしまう。

起業当時の仲間の成長が著しい中、僕だけが
取り残されて自己成長をしていないのも悔しい。

そしてなにより・・・

◯仕事をすることは楽しいことではなかったか?

◯稼ぐことはワクワクすることではなかったか?

◯自己成長は人生最大の喜びではなかったか?

深い自省を抱いて、活動を再開した。

まずは、ツイッターとメルマガとブログをやって
みることに。

1月、ツイッター開始。

2月、メルマガ創刊、ブログオープン。

この「起業物語」を書いている現在、まだ半年も
経過していないが、次の変化が起こった。

(1)昔からの仲間が集まった

(2)プロジェクトが10本以上になった

(3)収入の流れが細いけれど増えてきた

6年前にメルマガを創刊してから半年以内の変化も
すごかったが・・・

今回もメルマガを発行してから半年の変化は、劇的
なものになった。

情報発信をする。

仲間を集める。

プロジェクトを立ち上げる。

6年前と同じ。

そして、これからも、6年前と同じように、
仲間と楽しく、プロジェクトを進める事ができる
ようになるだろうと楽観している。

(完)

23 Comments.[ Leave a comment ]

  1. 細かいビジネスの内容は難しそうなのでわからないですが、今の時期ネットビジネスが主流になってくる時期ですので、いいと思います。

  2. 立ち止まらずに進むことが起業の成功につながると思いますが、それをするのは難しいことですね。突破口を見つけられるのも、起業の才能の1つだと思います。

  3. 自己を奮い立たせ、情報発信をして半年で人脈を取り戻し、仕事の結果も出ているところ。
    私もぜひ見習いたいと思いました。

  4. 常に挑戦し、高みを目指していくことは大事ですよね。その間に例え躓いたとしても、またゆっくりで良いから立ち上がれば良いのだなと思えます。

  5. 見失ったものを見つけるのに6年という歳月はちょうど良かったのかもしれませんね。今度は前回の経験を生かしながら先に進めるので焦らず気取らずでマイペースで頑張ってください。

  6. ぴーやまん

    SNSなどの媒体も広く活用しつつ、これまでとは異なるアプローチも取り入れながらビジネス拡大を図られている点が印象的でした。

  7. チカマツ ユカ

    一度やったことあることは感覚でいけるとわかることが多いと思います。これからのことを考えるとワクワクしますね。

  8. 昔の仲間が再び集まってくれるというのは、今までの行動が認められたということですから嬉しいですよね。
    新しい挑戦を頑張ってください。

  9. 長い休暇期間があった中で、そこまでしっかりと上を向けたのはなぜなのか気になりました。復帰後も徐々にでなくどちらかというとスピーディーに仕事を進めている印象を受けます。何か畑岡さんの心を大きく動かす出来事や言葉などがあったのでしょうか。

  10. 仕事が楽しいかどうか、自己成長が実感できるかどうかは仕事をする上でとても大事な価値観だと思いました。

  11. 予測できないときもあることも想定して行動する。

  12. 「僕だけが取り残されて自己成長していない」という言葉がいいと思います。仕事をすることはお金を稼ぐこと以上に、自分自身の成長なんだと思います。

  13. 不労所得が存在しないとありますが、実際、存在すると思います。

  14. 仲間が成長していく中、自分が取り残されるという状況は辛いですね。しかし、その気持ちをバネに更なる成長に挑戦するという姿勢が素敵だと思います。

  15. 一旦立ち止まることで自分にとって必要なことや求めていることが見えてくる。その想いや気持ちの変化がまた自己成長やビジネスの成長につながっていくのでしょうね。

  16. 競い合える仲間がいるということは、自己成長や仕事をしていくなかで、とても大切なことで、成長の糧になるのだと感じました。

  17. ひとたび流れが出来てしまえば、その流れを育てて太くして行けば良いと言うことになりますが、まず、最初の1滴の泉を見つけるのが大変ですね。その最初の1滴を生み出す泉をいくつ仕掛けることができるかが大切ですね。

  18. ひとたび流れが出来てしまえば、その流れを育てて太くして行けば良いと言うことになりますが、まず、最初の1滴の泉を見つけるのが大変ですね。その最初の1滴を生み出す泉をいくつ仕掛けることができるかが大切ですね。

  19. ハヤシリナ

    最近の働き方の傾向として、いかにして不労所得を得るかという方向性に世の中が変わっていっていると思っています。昔のように汗水垂らして働くことなく、自分の知識や成長、体験がビジネスとなりお金となる時代。その先駆けとなるような記事でした。

  20. やはり、仕事をする上で楽しくないと何も意味のないストレスが溜まるだけですよね。
    自分の好きで楽しい仕事をするのが大前提だと思いました。

  21. 仲間から一回取り残されるということは精神的にもきついものがありますがめげずに努力することで成功するのだなと感じた

  22. 不労所得は存在しているように思うのですが、存在しないと仰る根拠が知りたいです。

  23. 私にとって、起業についての記事をみたのがこれが初めてです。
    自分だけ取り残され、周りに置いていかれるような状況に共感しました。チームで一人になると寂しくなって疎遠になる経験は私も少なからずありました。そんな状況で何が出来るかを考えて実行すれば突破口が見えると思い始めました。どんな状況でも冷静に対処したいです。

    不労所得、人生の中で仕組みを作ってみたいです。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>