Home › Category Archives › 参考資料

(参考資料)両親に宛てたメール

(参考資料)両親に宛てたメール

以前から少しだけお話していたかと思いますが・・・。

会社を辞めることを真剣に考えています。

もちろん今すぐにではなく、自分の能力や社会環境
今後の損得をしっかりと計算してからにするつもりです。

この会社で勤務し続けるメリットはいろいろあります。

●毎月手取り19万円程度の給料が安定して入る

●社宅が提供される

●大企業が危ないとは言っても、うちの会社はあと10年は大丈夫

などなど・・・。

今は間接部門で、仕事がそれほどハードでもないので、
この日本経済が不安定な中、なかなかいい環境と言えるでしょう。
でも、デメリットもたくさんあるわけですね。

 

×仕事が圧倒的に面白くないので精神的によろしくない
(砂を噛むような仕事、という表現がピッタリ)

×先が見えている
役職ついても屁のツッパリにもならんので出世に興味ありません)

×拘束時間が長い
(朝6時30分に起きて、19時30分に帰社するまで実に13時間・・・)

×給料が圧倒的に安い
(手取りで年間330万円→時給1,000円程度・・・)

僕は最近、副業に目覚めて、様々なことにチャレンジしています。

その中で感じているのは

「月19万円程度のお小遣いを貰うために、年間3000時間近くも
会社に拘束されているのは馬鹿らしい」

ということです。

給料は上がるどころかだんだん下がっていますし・・・。
(営業で残業をしていたころに比べると年間60万円の減少)
会社に13時間も拘束されているために、他のアイデアを実行できずに
困っています。

正直言いますと、頭を使えば、儲ける方法なんてたくさんあるんです。

この4月はオークションで60万円以上の利益を計上しますが
それぐらいの利益を実現する方法は他にもたくさんあります。

月額30万円の収入の流れを5個作るなんて、時間さえあれば
かなり高い確率で達成可能です。

儲かるエキサイティングな商売がたくさんあるのに、なんで
19万円の給料の会社に拘束されないといけないの?

最近この不条理を強く感じています。

確かに社会的な信用とか、安定とか、そういう部分を会社に
求めることはできるでしょう。

でも、そんなショーモナイものにしがみついていると
一生、食うや食わずの生活で、しかも老後の保障も何もない、
そういう人生を送らないとだめなんですね。

このまま何も考えずに、サラリーマンをしていると・・・

20年後、30年後は、ほぼ100%悲惨な状況になると思います。

おとうさんは公務員という特権階級でたくさんの給料を貰って
しかも、年金が満額支払われるという、とっても恵まれた状況に
あるわけで


すが、それでも生活がクチンというわけでは
ないと思います。

このままいくと、僕なんて60歳になったときに、

生きていくことが困難になります。

現実を冷静に見た場合、ものすごく厳しい状況になります。
(多くのサラリーマンがそういう状況で本当にギリギリの
生活をしていますが、僕はそんな生活をするために
この世に生まれてきたのではないと思っています)

今の会社に勤務し続けると、とにかく近い将来

 悲惨な状況になります。

しかも100%。

会社に勤務し続けることがものすごいリスクになるんです。

自分のアイデアである程度儲けられるようになると、
今までとは違う世界が見えてきました。

これは実践した人にしか見えない世界です。
慎重にリスクヘッジしながらも、いろいろなビジネスを長々と書きましたが・・・

展開してキャッシュフローを生み出しつつ、会社を
辞めることを考えています、ということです。

どう思われますか?