Home › Monthly Archives › 10月 2014

(100)仕事をするという決意

2011年1月。

僕は、再度、仕事をしようという決意をした。

この世に不労所得というものが存在しないから、
メンテナンスをしないことには、会員制ビジネスも
消滅してしまう。

起業当時の仲間の成長が著しい中、僕だけが
取り残されて自己成長をしていないのも悔しい。

そしてなにより・・・

◯仕事をすることは楽しいことではなかったか?

◯稼ぐことはワクワクすることではなかったか?

◯自己成長は人生最大の喜びではなかったか?

深い自省を抱いて、活動を再開した。

まずは、ツイッターとメルマガとブログをやって
みることに。

1月、ツイッター開始。

2月、メルマガ創刊、ブログオープン。

この「起業物語」を書いている現在、まだ半年も
経過していないが、次の変化が起こった。

(1)昔からの仲間が集まった

(2)プロジェクトが10本以上になった

(3)収入の流れが細いけれど増えてきた

6年前にメルマガを創刊してから半年以内の変化も
すごかったが・・・

今回もメルマガを発行してから半年の変化は、劇的
なものになった。

情報発信をする。

仲間を集める。

プロジェクトを立ち上げる。

6年前と同じ。

そして、これからも、6年前と同じように、
仲間と楽しく、プロジェクトを進める事ができる
ようになるだろうと楽観している。

(完)

(99)仕事をしないという決意4

売上が徐々に減少していったものの、リストラを 
敢行して、月額数百万円の浪費はなくなった。

これでスッキリ、ノンビリした生活ができる訳だ。

これまでどおり、毎日午前~午後の5時間ほどの
散歩と観劇三昧。

年のうち4ヶ月ほどは田舎暮らしという生活。

以前も書いたように

「根っからの怠け者」

の僕には、この生活も快適ではあった。

ただ、僕は怠け者ではあるけれど、負けず嫌い
でもある。

同じ時期に起業した仲間が、努力をして、新しい
ステージに到達し、当然稼ぎも加速している様を
見て、

「このままでいいの?」

「こんなに差をつけられていいの?」

という想いが湧いてきた。

起業当時の目標、「営業利益の月額3000万円」
というのは、すでに忘れていたけれど、仲間が
次々にそれを達成しているのを知り・・・

会員制ビジネスでショボい成功をして満足して
いた自分が、馬鹿に思えてきた。

そして、

「稼ぐというワクワク感」

を、忘れていたことを残念に思った。

さらに、

「仲間と語り競いながら自己成長する」

満足感を捨て去っていた自分に、嫌気が差した。