Home畑岡宏光の起業日記 › (1)起業のキッカケ 〜 畑岡宏光の起業日記

(1)起業のキッカケ 〜 畑岡宏光の起業日記

1995年、上場企業に入社するも、手取り給料が
20万円を切る生活に嫌気がさしていた僕は、それでも
この状況をなんとかしたいとボンヤリと考えていた。

老後の生活どころじゃない、今も近い将来の生活も
「食うや食わず」の状態。

自分は「水呑百姓」のような人生を送るために
生まれてきたわけではない。
※(参考資料)両親に宛てたメール を参照

そう考えながらも、何も為す術がなく、その日その日を
無意味に過ごしていた。

・・・・・

人生の転機は突然にやってくる。

僕の場合は、コンビニでふと手にとった400円の
単行本が、人生の転機になった。

「お金を得する情報源」(今は絶版だと思う)

この何気ない本の何気ない1行の文章が人生を変えた。

「30歳までに100万円を貯金できない人は一生お金に困るでしょう」

この文章を見て、雷に打たれた(実際に打たれたことはありませんが)
ような衝撃を受けて、その翌日に、僕はお金を奪うもの、つまり

【車】 と 【単車】

を、売り払った。

ここが起業の始まりだったのかもしれない。(つづく)

Leave a Comment