Home畑岡宏光の起業日記 › (95)2009年前半の総括

(95)2009年前半の総括

2009年の前半は慌ただしい時期となった。

●投資塾の大失敗~経営難に

◯投資ツール提供の会員制ビジネスの大成功

●コピートレードの会員制ビジネスの失敗

半年の間に3つの大きな動きがあった。

四柱推命の先生に、いろいろと話しを聞いて
参考にしているんだけれど、僕の人生は

「波が大きい」

人生らしい。

インド占星術の先生にも見てもらったことが
あるけれど、星の配置が複雑で、大成功している
人が100点とすれば90点の配置だそう。

そして、やはり、1度の人生を人の数倍楽しめる、
つまり波が大きい人生を送るということらしい。

今までの人生を振り返ると、たしかに40年近くで、
普通の人の数倍の体験をしてきたと感じている。

大学受験失敗

就職も失敗

そして起業

起業してからは成功続き

しかし大失敗も多く会社が傾いたことも

しかし大きな成功も得てなんとか持ちこたえ・・・

さらに、ここでは書くことができないけれど、
その他の「酸い甘い」も、多く体験している。

楽しいことも、悲しいことも。

苦しいことも、喜ばしいことも。

今から振り返ると、人生を深く味わうための
素材だったと思える。

13 Comments.[ Leave a comment ]

  1. 平凡なサラリーマン生活をしてる身としてはその波の大きい生活が想像つかない部分もありますねー。
    収入が不安定になる怖さを打破できないと上にはいけないな、と思います。

  2. 起業する前の失敗、起業してからの成功、人生の流れ的には最高のばパターンであると感じました。また占いという抽象的な物を参考にしていて意外性も感じました。

  3. 波が大きな人生。ブログを拝見していてもわかります。しかし、起業しさまざまな経験を積んでいけているということは、ブログでも仰っておりましたが、人生を深く味わうための素材なのかもしれませんね。自分自身の人生で、どんな素材を見つけられているのか、未だ見当もつきませんが、これから色々な経験を積んでいきたいと思います!

  4. たくさんくる大きな波を乗りこなせているからこそ今の成功があるのですね。悲しい、苦しいことも力に出来る力、とても大切だけど難しいことだとも感じます。

  5. 人生の経験がたくさんある分、魅力的なものを人にも与えられるのではないかと思います。起業するとそれがよくわかります。

  6. 良いことも悪いことも人生を楽しむ為の素材というのは、本当にその通りですよね。でも、今実際に苦境に立っている人にとってはそれが分からず本当に苦しんですよね。

  7. 半年の間にそれだけの大きな事が起きていることに衝撃を受けました。
    私も起業に興味はありますが、それだけのことを思いつき実際に動けるという事がまずすごいと思います。
    あとこれは単に偏見だったのですが、起業する人が占星術や四柱推命を参考にされているのは意外です。私も参考にしてみようかなと興味を惹かれました。

  8. 人生100年時代と呼ばれているが40年でビジネスのほとんどの分野を経験出来ている部分に、
    尊敬と驚きを覚えました。
    半年間の濃密な時間があったからこそ新たな行動や振り返りがしっかり行えると思います。

  9. 安定を求める人が多い世の中で、とても波乱万丈の人生を送っているんだなと思いました。きっと刺激的な毎日なんだろうなと、少し羨ましく思いました。

  10. 波の大きな人生って少し怖いイメージもありますが、ブログを拝見していると、たくさんの経験や大きな幸せを得ることができて、平凡な人生を生きてきた私には羨ましくもあります。
    占いを参考にされているのは意外でしたが、私も四柱推命が好きで見ちゃうので、少し嬉しかったです(笑)。

  11. gozillachappy200

    若い頃から数倍辛酸舐めた経験をされてきたんだなと思いました。その中で起業の道を選ばれたのはすごいです。自分には到底できないことです。失敗があったからこそ、降りかかってくる問題を解決していく強さも感じました。

  12. 占いってどれだけ根拠があるんでしょうか。ずっと順調にやれる人は少ないと思います。特に起業されているのであれば。

  13. 酸い甘いも多くをご経験されたからこそ見えること、分かることが沢山あるのでしょうね。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>