Home畑岡宏光の起業日記 › (48)立派な事務所の悪~畑岡宏光の起業日記

(48)立派な事務所の悪~畑岡宏光の起業日記

事務所を持つことで、経費は爆発的に大きく               
なる。

まず、社員をたくさん雇ってみたくなる。

僕の事務所は100平米の広さがあり、普通
なら15~20名ぐらいは社員を詰め込む
ことができるが・・・

ゆったりとした机を8つだけ用意した。

それでも、8席全部を埋めたくなるもので・・・

一時期は、本当に満席状態になっていた。

事務所が広く立派になることで、副作用として

「社員が無駄に増える」

可能性が多くなる。

次に・・・

什器・備品も徐々に豪華になる。

20畳以上もある面談用の応接には、大きな
ソファがもちろん鎮座。

大きなプラズマディスプレイを設置するテレビ
ボードも幅が2mを超える立派なものに・・・

さらにブラインドも床材とあった色・素材のものを
特注。

さらにさらに、レンタル観葉植物を大量に発注。

本棚も立派にして・・・

ということで、什器・備品だけでも200万円
以上が軽く飛んでいった。

あとは家賃も当然高くなり、月額50万円程度。

だから、小さいとはいえ、それなりの事務所を
持ってしまうと

年間数千万円の無駄な経費

が発生してしまうことになる。

だから、ネット起業家は、事務所がいらない職業
だし、最近はそういうノマド型スタイルが浸透
しているから・・・

事務所はできるだけ持たないに限る。

事務所を持たないことで浮いたお金は、再投資
するか、将来のために蓄積しておくのが正しい
と、最近は考えている。

Leave a Comment