Home畑岡宏光の起業日記 › (81)投資塾4(畑岡塾)

(81)投資塾4(畑岡塾)

(3)契約は成功報酬で行う

この投資塾のロジックを開発したのは、1名の
スタッフだった。

採用するときには

「私以上に凄い開発者はいない」

「任せておいてくれ」

と、自信満々だった。

実績もない人間を、自信がありそうだというだけで
採用した僕も僕だが・・・

・実績のない人間は採用しない

というアタリマエのことを守るとともに、自信が
あると本人がいった時点で

・完全な成功報酬にする

ことも必須。

完全な、とわざわざ書いたのは、例えば投資で
あれば、

・結果がプラスなら報酬をプラス

・結果がマイナスなら報酬をマイナス

にするということ。

一見厳しそうだが、経営者はそのリスクを取って
仕事をしている。

成功報酬というのは、見返りが大きい代わりに、
失敗したときのリスクも大きくして当然。

ちなみに・・・

この開発はたった1つのロジックしか開発する
ことができず、しかも6ヶ月ちょとしかロジックは
ワークしなかった。

彼には1000万円近くも支払ったが、結局、
破綻したロジックを1つだけ作ったのみだった。

彼を選んだのは僕。

いい勉強になった。

Comments are closed.